【TOEICテスト 5つの直前対策】

こんにちは、鈴木信貴です。

突然ですが、あなたは、次のように思ったことはありませんか。

・TOEICを受験予定だけれど、仕事が忙しくてなかなか準備ができないよ

・テストの直前に対策をして TOEICの点数を上げられたらいいな

・テストを受けに行くのをやめようかな。日曜の朝は、ゆっくり寝ていたいな

もしこのように思われていても、心配しないでください。
多くの人が、同じ気持ちです(笑)

ビジネスパーソンの場合、よくあることです。
仕事が忙しいので、TOEIC対策の時間を十分にとれません。

TOEICテスト会場でも、けっこう空席が目立ちます。
受検申込をしたのに、来なかった人の席ですね。

でも、せっかく申し込んだのに、受験しないのはもったいないです。
受検しなければ何も得られませんが、受検すれば、得られるものがあります。

そこで、少しでも受験する気を起こしていただけるように、小冊子を作成しました。
TOEICテストの直前対策で点数を上げるための方法をまとめたものです。

このページのフォームから申請できます。
ダウンロード形式(PDF)です。

今のところ、無料で配布しています。
レポートを申請する

また、はじめましての方もいらっしゃると思いますので、簡単に自己紹介をさせて頂きます。

◆ 自己紹介

私は理系の大学を卒業し、ITバブルの最後の時期に IT企業に就職しました。
アメリカではドットコム(.com)という表現が「すごい」という意味で使われるほど、IT企業が世間を席捲していた時代です。

そんな時代ですから、入社一年目から残業が多く、プライベートの時間がほとんどない毎日が続きました。

そのような中でも、英語力を身につけたほうがよいことはわかっていましたので、少しずつ、英語に取組んでいました。
その結果、当初565点だったTOEICスコアを、915点まで上げることができました。

◆ ◆

忙しい生活を送っていても無理なく英語力を上げる方法を、多くの人に伝えたいと思っていたところ、本を出版する機会に恵まれ、2016年に、英語学習法の本を出版することができました。

私の本を読んでくださったかたから「本を読んで英語学習をはじめました」 「TOEIC の点数が 100点上がりました」など、嬉しい報告を聞かせていただくたびに、本を出版できてよかったと思いました。

◆ ◆

私には、もう1つ、ビジネスパーソンの役に立ちたいと考えていたことがありました。

それは、TOEICの点数を上げるお手伝いをすることです。

ビジネスパーソンは、会社で TOEIC の点数を上げるようにいわれていたり、つきたい仕事につくために TOEIC の一定の点数をクリアする必要があるかたも多いです。
でも日々の仕事が忙しく、TOEIC の対策まで手がまわりません。

私はもともと、TOEIC対策をほとんどしたことがなく、英語力を上げることで 900点台の点数をとりました。
そしてこの受検経験をとおして、TOEICは試験直前に少し準備をすれば、点数が上がることに気がつきました。

その準備、つまりTOEICスコアを効率よく上げる方法を発信すれば、必ず役に立つことができると考えました。

【TOEIC 新形式でも900点台】

私のTOEIC 受検のノウハウは、小手先のノウハウではなく、本質的なノウハウです。

TOEICは2016年に形式が新形式となり、小手先のテクニックが通用しにくくなったとの噂を聞くことが多くなりました。

私は、しばらくTOEIC を受けていませんでしたが、新形式でも同じような点数を取れるのではないかと思いました。
そして試しに3年ぶりに受験してみたところ、新形式でも900点台をとることができました。

これにより、私のTOEIC 受検のノウハウが、新形式でも通用することを確認できました。

◆ 15分でわかる! TOEICテスト 5つの直前対策

忙しいビジネスパーソンのための、TOEICの試験直前対策をまとめたレポートは、以下のフォームから申請できます。

このレポートを読んで直前対策を行えば、直前対策だけで TOEIC の点数が上がる可能性が大きく高まります。

【ダウンロード申請フォーム】

【TOEICテスト 5つの直前対策】 ダウンロード形式(PDF)
お申込みフォーム

  • PCのメールアドレスを入力ください。携帯メールアドレスでは届かない可能性があります。
  • お使いのメールサービス、メールソフト、ウィルス対策ソフト等の設定によっては誤って「迷惑メールフォルダー」に振り分けられることがあります。メールが届かない場合は迷惑メールフォルダーをご確認ください。

◆ レポートを作成した理由

昔は私も、TOEIC テストを受けに行きたくないと思ったことが何度もありました。

「せっかくの日曜日なので、家でゆっくりしていたい」

このように思っていました。

しかし、会場で受験してみると、得られるものがありました。
例えば次のようなことです。

・どのような問題や単語が出るのかがわかった
・次回はがんばろうと思うことができた
・他の受験者を見ることで、自分もがんばろうと思えた

また、会場に行くことで、気分もよくなりました。例えば次のようなことです。

・久しぶりに大学や専門学校に行って、学生時代を思い出して気分転換ができた
・2時間のテストをがんばった自分を、褒めてあげようと思えた

◆ ◆

会場に行く気が起こらない一番大きな理由は、準備をしていないことです。
よくない結果が出るのが嫌だと、本能的に思ってしまうためです。

そこで、なるべく多くのかたが受験する気持ちになるように、直前対策をまとめた小冊子を作成して、無料で配布することにしました。

一人でも多くの受験者の方に、会場に足を運んでいただきたいためです。

このレポートをお読みいただき、一人でも多くの方が直前対策をされて、テスト当日に会場に行って受験されることを願っています!

鈴木 信貴