【洋書で英語学習】Blink

洋書で英語学習

前回の「洋書で英語学習」では、Malcolm Gladwell の Outliers ご紹介しました。
今回は同じく Malcolm Gladwell の Blink を紹介します。
こちらも英語学習に向いている本です。

 ※ 洋書ですので、上級者向けの題材となります。

Blink とは

Blinkは2005年に出版されたノンフィクションです。テーマは、人間の直感や潜在意識です。
米国での販売部数は200万部以上を記録しています。

Outliers と同様に、興味深い出来事や実験結果を交えて、主張が展開されています。

ネタバレになるため、あまり多くを紹介しないほうがよいですが、1つだけ例を紹介すると、
「3,000組の夫婦の会話を観察してきた人が、夫婦が会話するのを15分間見れば、90%の確率で、15年以内に離婚するかどうかを当てることができる」事例が紹介されています。

他にもさまざまなエピソードを紹介しながら、直感と潜在意識について論じています。

Malcolm Gladwell の次の本 Outliers はベストセラーに1位で初登場し、11週連続、1位をキープしましたが、前作の Blink の評判がよかったことも一因と考えられます。

Blinkが英語学習に向いている理由

BlinkはOuliers と同様に、次の3点により、英語学習にも向いています。

◆ ノンフィクションなので、フィクションより読みやすい

 日本人の英語学習者にとっては、ノンフィクションの方が理解しやすいことが多いです。

  ※ ただし例外もあります。内容がある程度分かっている場合などは、フィクションも読みやすくなります

◆ ベストセラーになるだけあって、内容が面白い

 個人差はありますが、多くの人が興味深く読むことができます。

◆ 文章が読みやすい

 Malcolm Gladwellの文章は読みやすいです。ストレスをあまり感じずに読むことが出来ます。

結論

Outliers の紹介と同様の結論になりますが、Blink も Outliers 同様に、内容が面白く、読みやすいので、英語学習の題材に向いています。
もちろん面白いかどうかには個人差がありますし、洋書なのでそれなりの英語力が要りますが、英語にある程度自信があるかたは、よかったら読んでみてください。

なお、洋書のおすすめの読み方については、Outliers の紹介記事に書きましたので、よかったら参考にしてください。リンク:【洋書で英語学習】Outliers

Blink でTOEIC対策

いろいろな英文を読んで英文に慣れておくと、TOEICで高得点をとりやすいです。
今回は、Malcolm Gladwell のウェブサイトに掲載されている
Malcolm Gladwell へのインタビュー内容 を読んでみましょう。
長かったので一部を抜粋しました。日本語訳を付けましたので、参考にしてください。

Where did you get the idea for “Blink”?

Believe it or not, it’s because I decided, a few years ago, to grow my hair long. If you look at the author photo on my last book, “The Tipping Point,” you’ll see that it used to be cut very short and conservatively. But, on a whim, I let it grow wild, as it had been when I was teenager. Immediately, in very small but significant ways, my life changed. I started getting speeding tickets all the time–and I had never gotten any before. I started getting pulled out of airport security lines for special attention. And one day, while walking along 14th Street in downtown Manhattan, a police van pulled up on the sidewalk, and three officers jumped out. They were looking, it turned out, for a rapist, and the rapist, they said, looked a lot like me. They pulled out the sketch and the description. I looked at it, and pointed out to them as nicely as I could that in fact the rapist looked nothing at all like me. He was much taller, and much heavier, and about fifteen years younger (and, I added, in a largely futile attempt at humor, not nearly as good-looking.) All we had in common was a large head of curly hair. After twenty minutes or so, the officers finally agreed with me, and let me go.

【単語、イディオム】

    on a whim 思いつきで
    futile くだらない

【日本語訳】

    Blinkのアイディアはどうやって生まれたのですか?

    信じてもらえるかどうかわからないけれど、何年か前に髪の毛を伸ばそうと思ったことが原因なんだ。僕の前作の “The Tipping Point” の著者近影の写真を見れば、僕の髪が短髪で短かったことがわかるよ。でも思いつきで、10代の頃のように髪をぼさぼさにしてみたんだ。すぐに、ささいなことではあったけれど明らかに、僕の生活が変わったんだ。いつもスピード違反の切符を切られるようになったんだ。それまでは全くそんなことはなかったのに。空港の荷物検査の列でも目を付けられて特別に調べられるようになったよ。そしてある日、マンハッタンの中心の14番街を歩いていたら、警察の車が歩道に止まって、3人の警官が飛び出してきたんだ。警官は強姦犯人を捜してたんだ。そしてその強姦犯人が僕にとても似ているっていうんだよ。警官は似顔絵と説明を取り出した。僕はそれを見て、その強姦犯人は僕にとてもよく似ていると、できるだけ親切に指摘したよ。その犯人は僕よりも、はるかに背が高くて、体重もはるかに重くて、15歳くらいは若かった(そして、かなりつまらない冗談として、僕より全然おとこ前じゃない、って付け加えたよ)共通点は、巻き毛の大きな頭だけだったんだよ。20分後くらいに、警官は僕の意見に同意して、僕を解放してくれた。